廃車寸前の車が海外では高額で売れる

廃車寸前の車を高額査定してもらうには

廃車寸前の車を高額査定してもらうには

中古車買い取りではやはり業者が一番儲かるんですよね。アフリカでも貧乏な国では日本の中古車が非常に売れているんですよね。

 

海外では日本の車のハイエースが乗り合いタクシーなどとして普通に使われています。何となくアフリカを特集したテレビ番組などで見たことがある人もいるのではないでしょうか。

 

実際に日本で10万キロ以上走っていた車がアフリカに輸入されて、そこからさらに30万キロ近く走っているというのは珍しいことではないです。

 

どうして日本でかなり乗っているような車がアフリカで人気なのでしょうか?普通に考えるとわざわざ日本で10万キロも走っているような車を好んで買う必要なんてないですよね。

 

普通に考えたらもっと走行距離が少なくて、新しいような車があってもおかしくないと思うんですよね。特に日本ではなく海外の車なら安くてそういった車がアフリカで手に入ると思うんですけどね。

 

どうしてそこまで日本車をわざわざ輸入してまで購入するのででしょうか?まあ確かに乗り合いタクシーにハイエースは使い勝手が良さそうですけど、海外にも似たような車はありそうですけどね。

 

アフリカでは中古ハイエースが数百万円?

アフリカハイエース

アフリカでは日本車のハイエースが非常に人気ですが、実際にかなり年季の入った車でも売れるんですよね。

 

まあ、アフリカに到着するまでに、ハンドルの位置を改造したり、輸送費などもかかりますが、中古のハイエースなんて日本では数十万円くらいだと思いますが、アフリカでは数百万円なんですよね。

 

理由は日本の車検という制度の影響みたいですね。日本で車検を通ってきた車はメンテナンスがしっかりしているので、走行距離が10万キロを超えていても壊れないという認識がアフリカにはあるみたいですね。

 

まあ、確かに日本車は壊れにくいという定評があるので、人気になるのはわかりますが、日本ではほとんど中古車査定で値段がつかないハイエースが、アフリカでは非常に売れているということを知ったら海外への中古車輸出が儲かりそうに感じますね。

 

走行距離が10万を超えている廃車寸前の車が高額で売れるわけにはこういったことがあるみたいですね。

 

車買取相場を調べるなら無料で利用できる車一括査定を利用するといいです。

 

車の買取り相場はもちろんですが、中古車買取業者の絞込みが無料でできるので非常に便利だと思います。

 

ワンミニッツで簡単に車一括査定ができるサービス

 

ワンミニッツで車一括査定ができるサービスはトップページから