車査定や下取り前にキズを修理すると損になる

車査定や下取りにキズはどれくらい影響するのか?

車査定や下取りにキズはどれくらい影響画像

 

車査定を行う際に気になるのが、どれくらいの車のキズが車査定や下取りに影響するのかということです。

 

やはり車査定を行う場合にはできるだけ高く車を買い取って欲しいので、買取り価格にキズがどれくらい影響するのか気になりますよね。

 

車はどんなに丁寧に扱っていも普通に利用していれば、多少のキズやへこみなどができてしまうのも当然です。

 

そのため車査定の前にキズやへこみを修理しようと考えている人も多いのではないでしょうか。

 

ではそもそも車査定額や下取り価格はどのような仕組みで決まっているのでしょうか?

 

車査定額は車種と年式で決まる!

 

車査定の金額の大きな要素は、車種車の年式になります。

 

この2つで大体の価格が決まってしまうんですよね。

 

他にもボディーカラーや事故歴、キズやへこみなどいくつかの要素がありますが、基本的な金額は車種と車の年式によって決まってしまうので、そこから車の状態によって金額がプラスされたり、マイナスされたりするくらいです。

 

とは言ってもやはり見た目は結構大事な要素になってくるので、査定額を上げたい場合にはしっかりと外装にも気を配るといいと思います。

 

小さい傷は車査定額にあまり影響しない

 

車の外装は車査定の金額の一つの要素ではありますが、大きな傷でない限りはそこまで大きなマイナス要因にはならないんですよね。

 

確かに車の外装がキレイな方が査定にはプラス要素になりますが、日本自動車査定協会(JAAI)が定めた車査定の基準では1cmの小さい傷はマイナス査定してはいけないという基準があります。

 

つまり小さい傷にについては車査定に影響しないということになります。

車の小さいキズを修理すると損してしまう!

車の小さいキズを修理すると損画像

 

車査定の際に車のキズを修理することで外観をよく見せるのは査定額アップに繋がってきますが、修理額とのバランスを考える必要があります。

 

上記で語ったように1cmの小さい傷は査定額に影響しないので、こういった小さいキズをお金を出して修理しても査定額に関係ないので損するだけです。

 

基本的に車査定の前にわざわざお金を出して修理をする必要がないことは知っておいたほうがいいと思います。

 

仮に修理したとしても、修理額以上に査定額がアップすることはないと思って良いと思います。

 

そもそも車買取り業者は自分で整備工場があったりするので業者に頼むよりも安く修理できる技術があるんですよね。

 

そのため自分で外部に修理に出してもその分の金額を査定額にアップすることは無理な話です。

 

洗車したり、ワックスをかけたり車内をキレイにしたりなどのことはしたほうがいいですが、それ以上のことはする必要がないということは知っておきましょう。