車の税金は買い替え時期によって得か損か違ってくる

自動車税は車利用者にしたら負担が大きい

自動車税は車利用者にしたら負担が大きい画像

 

自動車税については車を乗っている人からすると家計を圧迫するので、何とかしたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

 

とは言っても自動車税は税金なので交渉して安くしてもらうということはできないので厄介なものです。基本的に自動車の所有者は自動車税から逃げられないと思ったほうがいいです。

 

ではそもそも自動車税とはどのようなものなのでしょうか?

 

自動車税とは?

自動車税は毎年発生する、自動車所有者にかかる税金のことをいいます。

 

毎年4月1日時点での自動車の車検証に記載されている所有者に自動的にかかってくる税金で、普通自動車か軽自動車によっても負担割合が違ってきたりします。

 

近年は軽自動車税が増額されて、さらに自動車が利用しにくくなったと言われています。

 

ただ逆にエコカーなどを新車登録した場合には大幅減税されたりなど、すこしつづ税制が複雑化されているように感じます。

 

逆に年数が経過した環境への負担が大きい車にについては税負担が重くなっているので、こういった部分でも自動車税には差が出てきます。

 

そんな自動車税ですが、自動車の買い替えの際に得する時期と損する時期があるというのはご存知でしょうか?

 

本当は税金などについて、損や得があったりしてはいけないと思うのですが、実際には買い替え時期によって損するか得するかがあるのが現状です。

 

自動車税の支払時期は?

自動車税は車の所有者名義の人に支払の義務があり、1年分の自動車税を支払うことになります。

 

自動車税は4月1日に所有している方に、4月末くらいの時期に通知書が届くと思うので、それによって支払うことになります。

 

通知書が届く時期については市区町村によって少し違ってくる可能性もありますが、基本的には4月末から5月の頭くらいだと理解しておくといいと思います。

 

そのための時期になると大きな出費があって憂鬱に感じる人もいるのではないでしょうか。

 

自動車税の金額とは?

 

普通自動車の場合

排気量 税額
1リットル以下 29,500円
1リットル超〜1.5リットル以下 34,500円
1.5リットル超〜2.0リットル以下 39,500円
2.0リットル超〜2.5リットル以下 45,000円
2.5リットル超〜3.0リットル以下 51,000円
3.0リットル超〜3.5リットル以下 58,000円
3.5リットル超〜4.0リットル以下 66,500円
4.0リットル超〜4.5リットル以下 76,500円
4.5リットル超〜6.0リットル以下 88,000円
6.0リットル超 111,000円

 

軽自動車の場合

排気量 税額
一律 7,200円 または10,800円

 

これまでは軽自動車の税額が安かったので利用している人が多かったですが、軽自動車の自動車税の税額が多くなって経済的名負担を感じている人も多いのではないでしょうか。

3月に車の買い替えをすると自動車税で得をするのか?

3月に車の買い替えをすると自動車税で得をするのか画像

 

自動車税は自動車を所有している人ならすべての人が払う税金ですが、買い替えのタイミングによっては購入時に自動車税がかからない場合があります。

 

そのタイミングは3月になります。

 

自動車税の税負担の特徴としては、登録月の翌月からその年度分の税金が月割りで発生するようになるので、3月に車を登録した場合には、次の年度の4月分から自動車税を納めることになります。

 

このように見ると何となく3月がお得なのではないかと思う人もいます。

 

しかし実際には、その支払ってない差額部分については結局は次の年度に納める必要があるので、そこまで意味のあるものではないんですよね。

 

ただ少し税金を支払う時期が遅くなるだけの話です。

 

むしろ3月に買い替えをすると手続きが遅れてしまって4月にまたいでしまう可能性もあり、色々面倒なことが起こる可能性があります。

 

具体的には以前の車の自動車税の納付書と新しい車の納付書の両方が届く可能性があるということです。

 

車の名義変更のタイミングによってはこういったよくわからないことが発生する可能性があるので、3月に買い替えする際には販売店などに確認しておくといいです。

車の買い替えは3月がお得?

車の買い替えは3月がお得画像

 

自動車税に関しては名義変更のタイミングなどを考えると3月に車の買い替えをするのはトラブルになる可能性があるので避けたいという人もいるかもしれないです。

 

ただそういったことを除くと、3月に車の買い替えを行うのはメリットが大きいです。

 

3月は多くの企業が決算を迎えるので、この時期に各社で自動車の大幅な値引を行うことが多いです。

 

そういった意味では3月期に車の買い替えを行うのはメリットが大きいです。

 

税金面では面倒になる可能性がありますが、車の大幅値引が可能になる可能性のことを考えると、あえて3月に車の買い替えを行うのもいいのではないでしょうか。

 

ただ車の値引き交渉の際には車の車両価格や付属品の交渉をするようにして、税金や諸経費などについてはあまり触れないようにしましょう。

 

3月期は自動車税など色々な部分で面倒な手続きが多い時期で、そこでさらに交渉で余計な手間を入れるとトラブルの元になるので、わかりやすい車の車両価格や付属品で値引き交渉したほうがいいです。

 

3月期なら車の車両価格や付属品の交渉だけで十分に良い成果を得ることができるので検討してはどうでしょうか?

 

車の買い替えを行う際には車の下取りを利用するよりも中古車販売業者に売却した方が高値で売却することができます。

 

下記の車一括査定は無料で車の買取り相場を調べることができるのはもちろんですが、中古車買い取り業者の絞込みも可能なので試してみてください。

 

ワンミニッツで簡単に車一括査定ができるサービス

 

ワンミニッツで車一括査定ができるサービスはトップページから